今月の「ときめき作品」          斎藤 友覧先生

                                                     
                                                                          盛春の萌し               初谷 裕子

 
                                                             有名な青森県弘前城の壕、改修工事のため、暫く撮れないという情報に急遽訪れました。
                                                              何重にも囲まれた壕、桜並木、流れの激しい所、広いー狭い流れ、花びらのほとんどは水面へ。
                                                              たくさん撮れる所と思います。
                                                              大切な事は撮影時期です。遅すぎると、ピンクの美しい花びらは無残にも茶色く変色し腐って
                                                              しまいます。   (H27年5月2日 フイルムで撮影)
                                                              
                                                              この作品は、撮影時期が少し遅かったため、緑の小さな若葉が出始めていました。
                                                              そこがポイントです。。