今月の「ときめき作品」  川口 邦雄先生



    水彩の淵    長野 巧                                      栃木県 佐野市                                             

                                                       何度か紅葉の撮影に行った場所で川への映り込みが天候、太陽光線、水量や
                                                       紅葉の状況等で撮影出来なかった被写体でした。
                                                       今回条件が理想的になり水の流れを残し水面に映る秋色を表現する為、被写界
                                                       深度とシャッタースピードに注意し何枚も撮影した中の一枚です。
                                                 
                                                        ペンッタクス 645 N    レンズ 200mm  f:4 1/4sec  PLフィルター