日本写真家連盟(PFJ)   Photographers Federation of Japan
                                                   

事業案内   What's New   写真展案内    会員募集   LINK

「四季の彩り」展作品
   
       公募展 入賞・入選作品
                                                                       第8回公募展募集要項     

       私の心に残った風景     Web Gallery    例会時の「ときめき作品」     第7回公募展入賞・入選作品





   

「湿原の初夏」    会員No.210001   鈴木 健世

撮影地:青森県青森市八甲田山 田茂谷地岳樹氷群
カメラ:35D FULL  レンズ:24120o(40o相当)

          

♪夏が来れば思い出す・・・、尾瀬の定番と言えば下の大堀川に咲く水芭蕉の写真ですが、表紙の写真は竜宮小屋近くの湿原から撮影したものです。
鹿の食害により、2012年にはニッコウキスゲが全滅してしまい、水芭蕉も激減しつつある昨今、地元ではその対策に苦慮しています。高さ2.4mのネットで一定区域を囲ってしまう試みがなされていましたが、「もし尾瀬ヶ原全域をネットで囲んで鹿の侵入を防ごうとすると、少なくとも10億円はかかる」とのこと。竜宮小屋のご主人の話でした。
日本オオカミ協会の‘原点回帰’の活動もあるようです。自然保護と人間の共生のためには、知恵と努力があらゆる面で必要なことを痛感させられます。

 

               

      新着情報
                                      
Web Gallery  川名 和夫さんの作品掲載 New         会員短信 New

          今月の「心に残った風景」  斎藤松一郎さん      会員写真展のお知らせ

新年懇親会記念写真

    第30回「四季の彩り」展作品公開    第7回公募展 入賞・入選作品

         《会のプロフィール》

       日本写真家連盟(PFJ)は1987年に創立した写真を趣味とする同好会で、フィルムによる大・中判カメラおよびデジタル
       カメラの写真技術の普及、向上、会員相互の親睦を図り、併せて自然環境の保全と写真文化の発展に貢献することを
       目的としています。
       日本には美しく豊かな自然の宝庫があり、自然は彩りを変え私たちの心を和ませてくれます。 美しい自然をより美しく
       捉えたい”PFJは自然の彩りをより繊細にと、大・中判カメラおよびデジタルカメラで風景の一瞬の美の輝きを捉え作品を
       持ち寄り相互に感性を磨く会員約240余名の会であります。
       併せて公募展も事業として取り組んでいます。

        
       《四季の彩り展ポストカード》  ここをクリック
       日本写真家連盟(PFJ)「四季の彩り」写真展は今年で25回を迎えましたが、毎回展示作品の中から1点を選びポスト
       カードを作成しています。
       ここにポストカードの変遷をご紹介します。
 



日本写真家連盟(PFJ)

事務局    

〒104-0043 東京都中央区湊1-3-7
           矢澤ビル 301号室

       TEL 03-3552-1964
       FAX 03-3552-1974
















                                                                          

                                                                            

                                                                               第31回「四季の彩り」作品 準備中